トップページ > スタッフの紹介

スタッフの紹介Staff

エステティシャン

エステティシャン
神村 栄子

安城市でシミシワ専用エステサロンSAKURA (サクラ)を経営しております。

私の経歴です。
小中高と地元に通い、大学は名古屋を通過して、日進まで通っていました。大学を卒業する頃、世の中はバブルがはじけ、就職氷河期に突入、、、
就職試験は、ことごとく落ちました。

今思えば、あの頃は我が人生で初めての大きな挫折でした。でも、そのおかげで巡り巡って今のエステティシャンの自分があるので、私にとっては必要な挫折でした。

結局、親戚の会社になんとか入社します。

その後、色々な職業を転々としました。そして、化粧品雑貨店で働いたことが大きなきっかけで、今の仕事に落ち着きます。

もともと私は、学生時代、ひどいニキビ肌でした。それがコンプレックスで、ついつい潰したり、触ったり、いつも赤い炎症ニキビが顔中を埋め尽くしていました。

高校生の頃までは、がむしゃらな洗顔とクレアラシルパック。

大学に入ってファンデーションを塗るようになってからは、隠せるようになったものの、人前ですっぴんになる自信は全くありませんでした。

バイト代、お給料でローンを組まされ、ニキビを治すために、エステや美容外科にも通いました。

きもーち改善はしました。特に効果があったのは、美容外科のケミカルピーリングでした。

あと、今思えば、20代も半ばになり、皮脂分泌量も落ち着いてきたんだと思います。

そんな私が、雑貨目的で転職したお店では、商品の半分は化粧品でした。

私の今までの化粧品選びといえば、ドラッグストアで自分で選んだ化粧品をこれでもない、これでもない、とジプシーしていました。

しかし、化粧品屋ということで、ありがたいことに社員割引があり、人生で初めて、これだ!と思う化粧品をリピートして、クレンジングから乳液までフルラインで使い続けました。

すると、だんだんニキビはできにくくなり、肌の赤味も引き、ゴワゴワだった肌が柔らかくなってきました。

ただ、持って生まれたオイリーな肌タイプは変わらないし、小鼻の毛穴の開きなどは、すぐ改善するものではありませんでした。

けれど、1つ言えることは、10代、20代の頃の肌より、40代の今の肌の方が確実にツルツルもちもちなんです!

こんな経験をしてしまった私は、この喜びを色々な人に伝えたくなり、エステティックの仕事についたのでした。

正しい化粧品選び、正しいお手入れ方法をすれば、肌は必ず変わります。

今のお店をオープンするまでに、、、エステの学校に通い、
日本エステティック協会の資格を取得し、3社のエステサロンで修行をしました。

どこも長続きしませんでしたが、学ぶことはたくさんありました。

一番感じたこと、反面教師として学んだことは、お客様への勧誘でした。

美顔や痩身など、やっていることはとってもいいことなのに、、、
勧誘攻撃を断って、無事にコースの最終日を迎えたお客様は、ほぼ逃げるように店を後にしていました。

それを見ながら私は、

「あ〜もったいない!あのお客様は二度とこの店には来ないだろうな〜。そして、知り合いにも行かない方がいいと触れ回るんだろうな〜。」

と思っていました。

そして、

「自分のお店をもてた時には絶対気をつけよう!
お客様が好きな時に来られる、自分のペースで通えるお店にしよう!」

と心に決めたのです。

その思いがちょっぴり伝わっているのか、オープンして19年になりますが、10年以上通ってくださる方もみえますし、5年ぶり、10年ぶりにひょっこり予約をくださる方もみえます。
本当に嬉しい毎日です。

女性の人生は結婚、出産、育児、旦那さんの転勤、親の介護、などいつ何が起こるかわかりません。

私もお店をオープンしてから結婚し、子供が一人、また一人、またまた一人、、、と3回も産休をいただきました。

なので、育児中、自分のお手入れにかまっていられないこと、自分のことにお金、時間をかけられないことはとてもよくわかります。

それでも、その時のちょっとした心がけで、20年後、40年後の肌がまったく変わってしまうことも、声を大にして教えてあげたいです。

多忙な中一息つきたい時、自分の時間がもてるようになった時、などに思い出していただけるお店を目指しています。

お客様が一生通い続けられるような居心地のお店で、お客様のお肌のかかりつけドクターになって、お客様と一緒に歳を重ねていくのが私の理想です。


SAKURA (サクラ)は一人スタッフですので、最初から最後まで、お客様一人のために施術させていただきます。


長々と読んでいただきありがとうございました、、


ページトップへ戻る
Copyright(C) 安城市名鉄線桜井駅徒歩2分シミ・シワ専門エステサロンSAKURA(サクラ) All Rights Reserved.